2018年6月14日 (木)

さあ、サッカーワールドカップです。がんばれニッポン!!

 さあ、サッカーW杯が開幕ですね。新生西野JAPANの活躍に期待したいですね。

チームJAPANのうち、青森県出身(野辺地)柴崎岳(しばさきがく)選手を紹介します。

 青森山田中学校・高等学校出身。第88回全国高校サッカー大会では、準優勝している

サッカー部に所属。ポジションはMF。鹿島アントラーズ、テネリフェを経て、現在はヘタフェ

に所属しています。日本の初戦は、19日(火)午後9時から コロンビアと戦います。

青森県庁には、柴崎選手の応援横断幕も設置されたようです。さあ、心をひとつに、

♪オ~オ~ オオオ オ~ ・・・(アイーダ) 応援しましょう!!

 がんばれニッポン!! ガンバレ西野JAPAN ファイト柴崎~~~~!!!

 

0613q (↑県庁に設置された横断幕 東奥日報より)

35235763_1734856803262469_574586418 (↑県庁内の特設コーナー 高橋県議のFBより)

2018年6月12日 (火)

青森ワッツ と 広島ドラゴンフライズ

広島と青森にはプロバスケットボールチームがあります。広島ドラゴンフライズ青森ワッツです。昨年11月18日・19日に、青森市前田アリーナにて、広島ドラゴンフライズ対青森ワッツの試合が行われました。広島と青森をつなぐスポーツ行事ですので、広島青森県人会からも応援メッセージ色紙をお送りしたところ、青森ワッツのtwitterでご紹介いただきました。試合は、真剣勝負。その後はお互い同じバスケットボール仲間としての交流も広がったことと存じます。11月でしたが、青森は雪が降っていたようで、広島ドラゴンフライズの岡崎選手も、自身のTWITTERで青森空港の雪をUPされていました。そういえば、青森空港は冬は豪雪のため、飛行機発着前後には、除雪の特殊部隊(ホワイトインパルス)が組織されていて、飛行機が無事着陸できるよう、隊列を組んだスムーズな除雪活動をされていますね。

 (広島ドラゴンフライズ岡崎選手撮影 青森空港の雪)

Do_d9ekv4aapasm_2 (広島青森県人会から両チームにお送りした応援色紙)

Do9i2nuiaax09i

2018年6月11日 (月)

在広島都道府県人会交流会 開催される

 広島には、47都道府県すべて県人会があります。都道府県対抗全国男子駅伝競走大会の応援活動を中心に、各都道府県の県人会はそれぞれふるさとを思いながら、活動されています。中国新聞社の呼びかけで、県人会の横のつながりをさらに築くべく、毎年6月に交流会、研修会が開催されています。会員間の情報共有を図るために、ある県人会では、グループラインでの連絡を図っているところなど、取り組みの発表が行われました(平成30年6月10日付 中国新聞朝刊掲載)
 青森県人会からは、石塚会長、平野理事が参加されました。青森県のふるさと納税のPRパンフレットを参加者に配布させていただき、青森県人会来年20周年のPRもさせていただきました。

Photo_2 (↑活動報告をされる出席者(中国新聞掲載写真)

2018年6月 6日 (水)

青森県市町村紹介シリーズ① ~板柳町~

広島青森県人会の会員にも、板柳町出身の方がいらっしゃいます。青森市から南西へ車で約40分ほど。北津軽郡板柳町は、なんと「りんごまるかじり条例」なる条例まである、りんごの里です。

今週火曜日、NHKラジオ旅ラジで、都倉悠太アナウンサーが板柳町を紹介されました。

大相撲元高見盛関、振分親方も板柳町の出身です。毎年、8月には、りんご灯まつりが開催されます。豊作を祈る町民の願望から生まれたもので、メインとなる「りんご山笠」の提灯は、たわわに実るりんごを表しています。この真夏の2日間は力強い大太鼓のリズムと共に「ノレサ!ソレサ!」の掛け声が夜おそくまで響きわたるそうです。 

ぜひ、日本一のりんごの里づくり を目指している 北津軽郡板柳町にお越しください!

板柳町ふるさと納税もご協力お願いいたします!!)

2018年6月 4日 (月)

全国の青森県人会紹介シリーズ①~東京青森県人会~

 広島青森県人会は、来年創立20周年を迎えます。天皇杯都道府県対抗全国男子駅伝競走大会の青森県チーム応援を中心に活動しています。青森出身あるいは青森にゆかりのある会員が、青森産品のPRや青森の魅力発信に日々取り組んでいます。

 さて、青森県人会は、全国にたくさんあります。今回は、最も会員の多い、東京青森県人会を紹介します。東京青森県人会は、昨年創立70周年を迎えられました。集団就職の就職列車に乗って、♪ああ上野駅の歌詞を思い出すような世代の方々は、そろそろ現役を引退され、そのジュニア世代が世の中を支えていく時代になっています。

 昨年11月に開催された青森人の集い(東京青森県人会70周年式典)では、浅草のホテルの会場の壁面に青森県すべての市町村ののぼりが張り出され、大島衆議院議長(八戸選出)や、青森県三村申吾県知事をはじめ、多くの出席者が70周年を祝いました。東京青森県人会とともに、広島青森県人会も頑張っていきます。

  青森県は、2025年に2巡目となる青森国体(第80回国民体育大会)が開催されます。駅伝陸上のみならず、全競技の競技力強化にむけて、プロアマ問わず、青森県の活躍を広島から応援しています。

(↓ 相撲甚句の締めのご挨拶)

Img_1368_2

 (↓近畿青森県人会 山田会長と)

Img_1360

2018年6月 3日 (日)

青森のやる気 元気 本気を届けます (旅するラジオ 旅ラジ!!)

 平日午後0時30分から、NHKラジオ第一で放送中の、生放送紀行番組「旅ラジ!」6月4日(月)~7日(木)までの1週間は、青森県からの放送です。旅するアナウンサーが、90ちゃん号(ラジオ中継車)に乗って、各地のやる気元気本気を届ける番組です。 

  4日(月)青森県青森市 三内丸山遺跡 縄文時遊館入口前広場

  5日(火)青森県板柳町 ふるさとセンター工芸館前駐車場

  6日(水)青森県藤崎町 ふじさき食彩テラス駐車場

  7日(木)青森県平内町 ほたて広場 からの生放送です。

 旅するアナウンサーは、青森放送局の永松(月)、都倉(火~木)アナウンサーです。

 リアルタイムで聴けない場合は、NHKラジオアプリ らじるらじるの聞き逃し配信でぜひ!!

 青森のやる気、元気、本気! をぜひ聞いてみてください!!

 

2018年5月30日 (水)

NHK青森放送局 80周年おめでとうございます!!

NHK青森放送局は、今年開局80周年を迎えます。おめでとうございます。

私が、青森に在住していた昭和59年から昭和61年、NHK青森放送局には、澤岸アナウンサー(現在は仙台放送局)や、肥土アナウンサー(現在は東京ラジオセンター)が勤務されていました。懐かしいですねえ。

広島県人会とのつながりとしては、毎年1月の都道府県対抗男子駅伝大会慰労会に、夕方ローカルニュースを担当されていらっしゃるアナウンサーや、局長様からメッセージをいただいています。

広島放送局も今年90周年。広島局には、初任地が青森の高木修平アナウンサーや、お隣山口放送局には、昨年まで青森に勤務されていた松岡孝行アナウンサーもいらっしゃいます。

進め!青函連絡船 のドラマも、大河ドラマ「いのち」も懐かしいですね。青森からの「ラジオ深夜便」など、青森放送局からの番組も広島から応援していますよ。

特設サイトも開設されています(←リンクを張っています)

青森県三戸町長 松尾町長をお迎えした 第23回天皇杯全国都道府県対抗男子駅伝大会を振り返る

Img_1498

Img_1536

 青森県三戸町 松尾和彦町長、青森県大阪情報センター菅センター長、近畿青森県人会木田副会長をお迎えし、今年1月に開催された天皇杯第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会。長年青森県チームを支えてくれた其田健也選手(JR東日本)は、今回の駅伝大会をもって駅伝からの卒業が発表されました。来年は県人会発足20年の節目の年。オリンピックまであと2年となります。青森県では、2巡目となる青森国体も開催が決まっています。選手の競技力強化にむけて、広島青森県人会も全力で応援します!!

棟方志向のつながり 白牡丹酒造を表敬訪問しました

Img_1730

東広島市西条の酒蔵通りにある、300年の歴史を誇る白牡丹酒造島社長を、会長、副会長、事務局長で訪ねました。白牡丹の酒瓶ラベルは、棟方志向によって描かれたものとして有名です。来年広島青森県人会が20周年になるにあわせて、「広島と青森をつなぐ棟方志向」ということで今回訪問させていただきました。今年7月の県人会夏季懇親会は、白牡丹酒造を見学させていただきます。毎年10月の酒祭りでは、全国から多くの日本酒ファンが西条に集まります。

平成30年度 広島青森県人会総会を開催しました

平成30年4月1日、広島市西区にある青森料理の店「どんだべ」にて広島青森県人会平成30年度総会を開催しました。新入会員の紹介ののち、来年の創立20周年記念行事にむけて協議をしました。青森の工藤パン、工藤社長のご厚意で、くどぱんをいただきました。会員、青森の懐かしい話で盛り上がりました。夏季懇親会では、棟方志向のラベルでおなじみ、東広島市の西条白牡丹酒造を

Img_1711_2

訪ねます。